デイトレーダーを目指すあなたへ!!  更新日時: 2004年12月30日 10:14:49

4.信用取引は必ず利用せよ

「信用取引に手を出したために資産を全部失ってしまった」などという話をよく耳にします。こうしたことから、素人は信用取引などに手を出してはならないと思われがちです。しかし、実際はそうではありません。信用取引の仕組みを正しく理解し、無理のない範囲で利用するならメリットの方がはるかに大きいのです。特に信用の売り(空売り)ができるようになれば、投資心理は大きく改善されます。

■信用取引をするには株式投資の経験が求められる
株式投資の経験のない人がいきなり信用取引をすることはできません。証券会社によっても異なるようですが、最低1年ぐらいの投資経験が求められるようです。信用取引口座の開設にあたっては、電話での面接が行われ、信用取引に関する質問が5,6問出されます。少しは勉強しておかないと答えられません。私が質問されたのは次の点です。
 ・委託保証金の額が規定の%を下回るとどうなりますか?
 ・現引きとはなんのことですか?
 ・現渡しとはなんのことですか?
 ・逆日歩とはなんのことですか?
 ・空売規制を受けるのは売買単位の何倍を超えるときですか?
最後の質問がわからなかったのですが、親切に教えていただき、その時に理解できればO.K.のようです。


■信用取引のメリット

1.自己資金のおよそ3倍の売買ができる
2.空売りができる

■信用取引のリスク

1.損失の額が大きくなる
2.空売りの損失には上限がない

フクロウ式デイトレードでは「大きな損をしない」が大前提です。ですから信用取引も注意して利用します。
3倍の取引ができるといっても、枠いっぱいまで使ってしまうとわずかな値動きですぐに追証を迫られることになります。ですから、売りにしても買いにしても翌日に持ち越す額は自己資金の範囲内と決めておきます。その日の内に決済する分は、枠いっぱいに使っても問題はありません。
また空売りも利用しますが、空売りの損失には上限がありませんので、これで失敗すると、資産を失う可能性もあります。それでフクロウ式では、空売りの場合は翌日には絶対に持ち越さないと決め確実に実行します。上記の2つが守れれば、信用取引は決して怖いものではなくメリットの方がはるかに大きいといえます。


■空売りができるという安心感
株価は常に上がったり下がったりしています。もし現物取引だけだと、株価が上昇するときしか勝負できないことになります。これはデイトレーダーにとっては致命的です。盾と剣を持っている相手に剣だけで立ち向かうようなものです。実際、私も現物取引だけの時には相場が下げ基調にある時にも、無理をして買ってしまい何度も失敗してしまいました。株価を見るだけで何もできないというのは結構つらいものがあります。しかし、信用取引なら空売りができます。相場が下げると思ったときには素直に売ればよいわけです。これは心理的にも大きな強みになります。前夜のニューヨークダウが下げたとき、今までは非常に暗い気持ちになりましたが、今ではそれに基づいて様々な戦略を練ることができます。日本経済全体が下げ基調にあるときでさえ、強気な心持ちでいられるわけです。
とはいえ、信用取引とは借金をしているのと同じですから、慎重にしなければなりません。売買できる額が増えたからといって、気持ちまで大きくなるのは要注意です。現物株と同じく、大きく儲けようと欲をださない限り、それほど大きな損はしないものです。


■初め順張りあと逆張り
現物株でしか取引していなかった時、急落銘柄を見つけると、「これは安い!絶対に買いだ!」と思って買ってみると、そこからさらに大きく下がってしまったということを誰でも経験したことがあるのではないでしょうか。これは、今買わないとまた上がってしまうという心理が働くからです。しかし信用取引なら空売りができます。「これは安い!買いだ!」と思っても、まずは最低単位で売ってみるのがよいのです。大抵株価はもう少し下がりますからそれを静かに眺めていられる余裕ができます。そして本当に下げがとまったときに改めて買うなら、今度は反転して上昇となるわけです。もちろんいつもうまくいくとは限りませんが、フクロウ式デイトレードではこれを理想の形と考えています。「初め順張り、あと逆張り」です。ぜひこの投資方法をマスターしてください。

信用取引は注意して利用すれば、大きなメリットのあるものです。デイトレーダーにとっては必ず利用したい売買方法です。しかし、信用取引によって資産を大きく減らしてしまい、株式市場から去っていった人が大勢いることもまた事実です。仕組みをよく理解し、欲を抑え十分注意して利用しましょう。


特にお勧め!!
はじめての「カラ売り」入門30万円からの信用取引
著者:日向野利治
出版社:明日香出版社
本体価格:
1,600円
はじめての「カラ売り」入門
30万円からの信用取引






信用取引のチャンスとリスクがわかる本ビギナーでも大丈夫!著者:ダイヤモンド社 / 阿部智沙子
出版社:ダイヤモンド社
本体価格:
1,500円
信用取引のチャンスとリスクがわかる本ビギナーでも大丈夫!






インターネットで信用取引自由自在今日から儲ける!著者:日本証券新聞社
出版社:マネーライフ社/主婦の友社
本体価格:
1,000円
インターネットで信用取引自由自在今日から儲ける!






小林正和の実戦・信用取引カラ買い・カラ売り・ツナギ売りのすべて
著者:小林正和
出版社:日経ラジオ社
本体価格:
1,500円
小林正和の実戦・信用取引
カラ買い・カラ売り・ツナギ売りのすべて






これならコワくない信用取引のはじめ方・儲け方
著者:中島勲
出版社:日本実業出版社
本体価格:
1,500円
これならコワくない信用取引のはじめ方・儲け方



  1. デイトレードは究極の心理戦である
  2. 自分の投資スタイルを確立せよ
  3. 一取引500円以下の証券会社を選べ
  4. 信用取引は必ず利用せよ
  5. 銘柄特有のくせを見抜け
  6. きちんとした売買管理帳を作れ
  7. 最悪の事態になった時にどうすべきか
  8. 仕事をやめるべきか、やめざるべきか
  9. 最低限の生活資金をネット収入で稼ぐ

TOPへ戻る


フクロウのネット収入
    (株式投資以外)

収入報告 2005年
12月 25,680円
11月 19,636円
10月 22,629円
9月 11,224円
8月 34,191円
7月 40,540円
6月 73,916円
5月 31,000円
4月 15,008円
3月 0円
2月 0円
1月 ネット収入開始

1月から3月まで収入がないのは一定金額以上にならないと振り込まれないからです。


ネット収入の主な方法
@メール受信で稼ぐ
Aアンケート応募で稼ぐ
B懸賞応募で稼ぐ
Cゲーム・クイズで稼ぐ
Dアフィリエイトで稼ぐ

      >>  5.銘柄特有のくせを見抜け

TOPへ戻る




SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO